《最新作『怪物』に備えよ!!》是枝裕和×坂元裕二のテーマが共通する作品をご紹介!!

好きなこと

こんにちは、「なゆた」です!

あの『万引き家族』是枝裕和監督と
『初恋の悪魔』坂元裕二さんの
夢のコラボが実現したオリジナル映画怪物が、
いよいよ6月2日(金)に公開されます!!

これは、とある小学校で起きた “ある出来事” をめぐって、
先生、そして子どもたち3つの視点で描かれる、
圧巻のヒューマン・ドラマとなっています。
いったい “怪物” とは何なのだろうか・・・?

是枝監督は、『怪物』発表時のコメントで、
「こんなことを言うと坂元裕二ファンには怒られるかも知れませんが、
加害者遺族、赤ちゃんポスト、子供達の冒険旅行、疑似家族と、
同じモチーフに関心を持たれている方だなと親近感を抱いておりました。
と語っていました。
たしかに、扱うモチーフが似ていますね!

そこで今回は、
是枝裕和監督と坂元裕二さんという、
日本を代表する映像作家とストーリーテラーの
“テーマが共通する作品” を紹介していきたいと思います!

ぜひ!こんな人に読んで欲しい!

① 邦画・ドラマ好きな人
② 是枝裕和監督作品 及び 坂元裕二脚本作品が好きな人

①加害者家族 〜『DISTANCE』と『それでも、生きてゆく』

是枝裕和監督『DISTANCE』(2001年)

created by Rinker
¥3,344(2024/06/22 01:15:12時点 楽天市場調べ-詳細)

カルト教団による無差別殺人事件から3年後・・・
4人の加害者遺族は、犯行現場だった湖へ向かった。
そこで彼らが出会ったのは、元・信者であるひとりの男だった。

あるアクシデントが起きてしまい、
彼らはかつて信者たちが暮らしていたロッジで一夜を過ごすことになる。
そこで彼らは、今まで目を背けてきた「記憶」と向き合うことに・・・。

自分たちは被害者なのか。それとも、加害者なのか。

54回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品作品

坂元裕二脚本『それでも、生きてゆく』(2011年)

1996年の夏、ひとりの少女が “少年A” によって殺された。
この悲惨な事件によって、被害者家族は崩壊してしまった。

それから15年後の夏。
被害者の兄・深見洋貴の前にひとりの女性が現れる。
その女性は、”少年A” の妹・遠山双葉だった・・・。

これは、時の止まっていた2組の家族が、
明日への希望を見出そうと懸命に生きる姿を描く物語である。

②赤ちゃんポスト 〜『ベイビー・ブローカー』と『Mother』

是枝裕和監督『ベイビー・ブローカー』(2022年)

クリーニング店を経営しているサンヒョンと相棒のドンスは、
“赤ちゃんポスト” に預けられた赤ちゃんを横流しするという仕事をしていた。

ある土砂降りの雨の夜、
彼らは若い女性・ソヨンが預けた “ウソン” という名前の赤ちゃんを売ろうとするが、
翌日思い直した彼女が警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状した。
そしてサンヒョン、ドンス、ソヨンの3人は、
成り行きからウソンを代わりに育ててくれる親を探すための旅に出ることに。

一方、2人の刑事が、
彼らを現行犯で捕まえようと静かに後を追っていく。

赤ちゃんを高く売るための特別な旅は、やがて予想外の展開へ・・・。

第75回カンヌ国際映画祭 男優賞(ソン・ガンホ)エキュメニカル審査員賞 W受賞

坂元裕二脚本『Mother』(2010年)

室蘭の大学で渡り鳥の研究をしていた鈴原奈緒は、
研究室が閉鎖されたことで、仕方なく近隣の小学校の教師となった。
そこで彼女は、クラスの中で浮いた存在の少女・道木怜南と出会う。
幼いくせに、どこか自分を見透かしているような怜南が苦手な奈緒だったが、
怜南のほうは、彼女のことを慕うのだった。

しかし奈緒は、怜南の体にいくつかキズやアザがあることに気づいた。
それが何を意味するのか、彼女はすぐ分かった。

そんなある日。”ひとつの事件” をきっかけに、奈緒は重大な決意をする。
それは、怜南を “誘拐” し、その子の “母親” になることだった・・・。

③子どもたちの冒険旅行 〜『奇跡』と『さよならぼくたちのようちえん』

是枝裕和監督『奇跡』(2011年)

九州新幹線が全線開業する朝。
博多から南下する “つばめ” と、鹿児島から北上する “さくら” 、2つの一番列車がすれ違う。
そこで願いを言えば、それが叶うという・・・。

両親が離婚し、それぞれ九州の鹿児島県と福岡県で暮らしている2人の兄弟・航一と龍之介。
奇跡が起きるという噂を知った2人は、友達とともに願いを叶えるための旅に出る。

坂元裕二脚本『さよならぼくたちのようちえん』(2011年)

ひなた幼稚園 すみれ組のカンナ・拓実・美琴・俊祐・優衣の5人は、
大人にはナイショで、自分たちの力だけで、見知らぬ土地へ旅に出た。

カンナたちが旅に出るのには、“ある理由” があった。

5人で決めた旅の約束。それは「何があっても絶対に泣かないこと。」

しかし、旅の途中でトラブルが起きてしまう!!

一方その頃、カンナたちがいなくなったことで、ひなた幼稚園は大さわぎになってしまい・・・。

④疑似家族 〜『万引き家族』と『anone』

是枝裕和監督『万引き家族』(2018年)

都会の片隅で暮らしている、5人の貧しい家族。
彼らの生活費は、万引きで賄っていた。

ある冬の寒い夜。父の治と息子の祥太は、外で震えている幼い少女を拾う。
体じゅうキズだらけの少女の境遇を察した彼らは、その子を “ゆり” と名づけて育てることにする。

いつも笑いが絶えない、幸せな日々を過ごしていく6人。

しかし・・・
ある “事件” がきっかけで、家族はバラバラに引き裂かれてしまい、
それぞれが抱える秘密が、次々と明らかになっていく・・・。

第71回カンヌ国際映画祭 最高賞【パルムドール】 受賞
第91回アカデミー賞 外国語映画賞 ノミネート
第76回ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 ノミネート
第42回日本アカデミー賞 最優秀作品賞含む5部門 受賞

坂元裕二脚本『anone』(2018年)

清掃のアルバイトで生計を立てている “ハズレ” こと辻沢ハリカは、
友人たちとともにネットカフェで寝泊まりしながら日々を過ごしていた。

ある日、”ドライブ中に大量の札束の入ったバッグが捨てられているのを見た”
という友人の記憶を頼りに、
ハリカは遊び半分で、かつて幸せな記憶のある “つげ” という町へ向かうが・・・。

捨てられた大金がきっかけで、
“出会うはずのなかった者たち” の人間関係が、ゆっくりと動き出していく。

最後に

いかがでしたか?
是枝監督と坂元さんの作品は、
まるでドキュメンタリーを見てるかのようにリアルで、
心が揺さぶられる作品が多い!

『万引き家族』『anone』に関しては、絆とは何かを描いてて、
『海よりもまだ深く』『最高の離婚』に関しては、
クスッと笑える要素もありながら、紡がれている一つ一つの言葉が深くて考えさせられます!

是非これらを見て、『怪物』の公開に備えましょう!

以上です、ありがとうございました!

(あっ!あと、僕の推しである松岡茉優さんも出てる『初恋の悪魔』も見てね!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました